投資用マンションとは|airbnbを始めるなら代行も考えよう|投資での利用に最適

airbnbを始めるなら代行も考えよう|投資での利用に最適

メンズ

投資用マンションとは

つみき

工夫次第でメリットを得る

投資マンションとは、自分で住むのではなく、他人に貸すことによって収益を得る目的で購入するものです。住宅ローンを組むケースが多く、その返済を家賃収入で補う形となります。投資マンションの主な目的は、一定期間の後に売却することで利益を得ることです。そのために必要な要素はふたつあります。ひとつは資産価値が高い場所を選ぶことです。売却時に値下がり幅が少ないほどに、利益は大きくなるからです。そしてもうひとつは賃貸需要が多いことが挙げられます。家賃相場が高い上に、空き部屋となるリスクを抑えることができます。加えて、管理状態の良い建物を選ぶことで、物件自体が劣化しにくく、価値を落とさないものを選ぶことができます。

得する豆知識

投資マンションを購入するには、住宅ローンを組むことになります。そこでどのような返済計画を立てるかによって、上手く利益を出せるかが決まります。利益を出す仕組みとしては、売却時に売った価格と、ローンの残債との差額が大きいほどに利益も大きくなるものとなります。そのために、いかに元本を多く支払うことができるかがポイントになります。単純に返済期間を短くすれば、元本は早く減っていきます。けれども返済額が大きくなれば、家賃収入で補いきれなくなります。また家賃を丸ごと返済に充ててしまうと、空き部屋となった時に全て負担することになります。投資マンションはそのバランスを考えた返済計画を立てることが必要となります。